稼ぐIT戦士マニアック!

IT業界で稼ぎたい、更にステップアップしたい。必要な情報を解説します!

未分類

【未経験、初心者向け】Unityの解説と習得方法について

投稿日:

Unityはゲーム開発環境として多くのエンジニアに愛されてきました。エンジニアの方の中には、「自分でゲームを作ってみたい!」と思っている方も多いですよね。そんな時Unityを使えば簡単にゲーム開発ができるようになります!実は、現在世界にはUnityを使ってゲームを開発するエンジニアは100万人以上いると言われていて、皆さんが日常的にやっているゲームもほとんどがUnityで作られていると言われているんです。そこで今回は、ゲーム開発をしたい人に是非オススメな、今話題のプログラミング言語Unityについて徹底解説していきます!

Unityとは?概要や特徴など

Unityは簡単に言うと、ゲーム開発プラットフォームのことで、2Dゲーム開発はもちろん、3Dゲームの開発の手軽さと物理エンジンが有名なプラットフォームです。ゲーム開発プラットフォームとは、

・3D描画
・サウンド再生
・UI管理
・データ管理・作成ツール

などに対応している、「ゲームを作るための道具を整えた環境」のことで、これさえあればゲームを作ることが出来るとった道具を集めた道具箱のようなものです。なおUnityはC言語/C++で書かれていて、スクリプト言語としては、C#, JavaScript, Booの3種類の言語に対応しています。

Unityの特徴について

次に、Unityの特徴についてです。今回は、以下にUnityの特徴をいくつか挙げて、解説していきます。

・直感的にゲームを作ることが出来る
1つ目は、直感的にゲームを作ることができる点です。従来のゲームエンジンの多くは、オブジェクトを配置するときに、いちいちコード上から呼び出す必要がありました。そのため、簡単にインターフェイスをいじることができず、初心者にはなかなか障壁が高いものでした。

しかし、Unityはマウス操作で簡単にオブジェクトを操作することができるので、コードを読めない非エンジニアでも簡単に操作できるようになっています。もちろん細いゲームの中身を作っていく上では、先ほど紹介したスクリプト言語が必要になりますが、従来のゲーム開発プラットフォームに比べると簡単に開発することができるのです。

・様々なプラットフォームに対応している
様々なプラットフォームに対応しているというのは、どういうことかというと、色んなデバイスで使うことができるということです。まずUnityで開発したゲームはWindows、Macなどデスクトップや、Android、iOSなど色々なOSに対応することができます。

また、他にもみなさんの身近なものだと、Playstation4、Xbox、Switchなどのコンソールや、Unity Web Playerと呼ばれるUnityのプラグインがインストールしてあるWebブラウザなども対応していて、多岐に渡って販売・利用することが可能なのです。

・拡張機能が豊富である
ゲーム開発プラットフォームなので、当たり前といえば当たり前なのですが、拡張機能が豊富であるため、細かいところを簡単に拡張することができますし、開発する上で、非常に効率がいいんです。これはアセットストアといって、ユーザーが各々自分自身で開発したプログラムの部品や3Dの素材など登録・販売することができるストアが充実していることに起因していて、他のユーザーはその部品購入すれば、簡単に使うことができるようになります。

Unityは何系のシステム、業務で使われるのか

Unityは先ほども述べたように、2005年の登場から様々なエンジニアによって使用され数々のゲームを生み出してきました。Unityはもちろんそのほとんどが、ゲーム制作に使われていて、ほぼ全てのデバイスのゲームを作ることができるという点も非常に魅力的です。以下にUnityで開発されたとても有名なサービスを例挙してみました。

ポケモンGO
もはやポケモンGOを知らない人はいませんよね。2016年に発表され社会現象にもなった、このポケモンGOは、Googleの社内スタートアップであったナイアンティックラボが独立し、できたナイアンティックと株式会社ポケモンによって開発されたスマートフォン向けの位置情報ゲームアプリです。iOS、Androidともに対応していますが、これもUnityで作られていることで有名です。

白猫プロジェクト
株式会社コロプラのヒットシリーズである白猫シリーズの中でも、根強い人気を誇っているのがこの白猫プロジェクトです。2014年にリリースされた当時は、3Dマップ上でプレイヤーを動かしながら戦っていくアクションRPGとしてユーザーの人気を集め、2014年にはGoogle Playのベストゲーム賞を受賞していて、ほぼ知らない人はいないのではないかというくらい有名なスマホゲーム。このシリーズももちろん全てUnityで作られているんです。

Unityを身につけることで仕事の幅は広がる?

Unityを学ぶことの技術的なメリット

Unityを学ぶことのメリットとしては、やはり「ゲームを作ることが出来る」という一点に尽きるのではないでしょうか。アプリ市場においてゲームが占める割合は非常に大きいですし、また課金システムなどをつければお金になりやすいので企業はゲーム事業の収益性を高めたがる傾向にあるので、ゲームを作れるエンジニアはどこの企業も欲しいはずです。これからの時代を生き抜いていく上でも貴重なスキルになること間違いなしです。

Unityエンジニアの需要は?

Unityエンジニアの重要は今どんどん増加してきていると言われています。多くの企業がUnityエンジニアを求めている理由の1つとして、進化し続け、人気が一向に落ちないゲーム市場自体の人気の高さです。これに比例して、今はUnityエンジニアの需要はとても多いです。ただ、現状はいいですが、ITの世界は常に日進月歩。Unityがいつ終わりを迎えるかは分かりません。きっちりと他の言語にも目を向けて学んでいくようにしていきましょう。

Unityを最短で身につけるための学習方法!

では次に、Unityを最短で身につけるための学習方法についてです。Unityを学習する上で役に立つであろう教材などを学び方別にカテゴライズしてご紹介していきます。

スクール

まずはスクールについて説明していきます。有名どころだとほとんどUnityコースを用意しているのですが、稀にUnityコースがないスクールも存在するので、スクール選びの際にはコースをしっかりと確認するようにしましょう。スクールのメリットとしては、確かに料金はかかってしまいますが、分からないところにつまづいたときに、すぐにメンターに聞くことが出来る環境が整っているので、学習スピードは非常に早いです。そのため最短でUnityを身につけていきたい人は是非スクールに入って、勉強することをおすすめします!

・Tech Academy(テックアカデミー)
https://techacademy.jp/unity-bootcamp

基本的にどの言語も定評があるのがこのテックアカデミーなのですが、Unityコースももちろん人気です。テックアカデミーのUnityコースは学んで終わりではなく、生徒個人が作ったアプリをリリースすることが出来るので、非常に実践的なところが魅力です。

・TECH:CAMP(テックキャンプ)
https://tech-camp.in/unity-vr/index.html

短期のプログラミングスクール界の老舗であるテックキャンプは、Unity/VRコースと命名してC#を用いて3Dゲーム開発などをすることができ、非常に定評があります。また、VRについても学べるところがとても魅力です。

独学

「スクール行くお金はないし、自分は独学でじっくり勉強した方が向いている!」と思う方は、是非とも独学でUnityを学んでみてください。確かにスクールと違って、分からないところをすぐ聞くことなどはできませんが、Unityは他の言語と違ってゲームを開発するので、とても楽しいです。そのためゲームが好きな人でも根気強く学び続けやすい言語だと思うので、時間をかけてでも自分でじっくり学習していきたい人にぜひおすすめです!


・Unityゲーム プログラミング・バイブル
https://www.amazon.co.jp/Unity%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AB-%E5%90%89%E8%B0%B7-%E5%B9%B9%E4%BA%BA/dp/4862464130/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1539891242&sr=8-1&keywords=unity+%E6%9C%AC

こちらはわりと最近出版された本で、基礎的というより、実践的な内容が多い、中級者〜上級者向けの本となっていて、サンプルを通して作りたいものを作れたり、実践的に学んでいけるということで、Amazonでの評価も非常に高いです。脱ビギナー開発者にとってもおすすめの一冊です。

・Unityの教科書 Unity 2018完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment & IDEA)

この本が、おそらく現段階でのUnityの本の中でもっとも評価されている、ザ・初心者向けの内容の本です。Unityの使い方を、#Cの基礎的なところから、サンプルアプリの応用まで作ることが出来るので、初心者には目から鱗の超優しく解説してくれる本の1つであると言えます。

サイト
・Udemy
https://www.udemy.com/

独学でUnityを学ぶのであれば、まずはUdemyで動画として見ながら勉強するのを一番オススメしたいです。初心者から上級者まで様々な人のためにレベルに合わせて動画がたくさんあることに加えて、やはり手を動かしながら覚えていけるので、上達がとても早いです。そのため、独学の人は必ずUdemyを使ってみることをおすすめします。

・初めてのUnity
http://tutorial.unity3d.jp/

こちらはUnityのホームページにある、Unity初心者のためのチュートリアル教材です。2Dシューティングなどのゲームが作れるようになっているので、これを勉強することができたら、Unityの基礎は固まったと言っても過言ではないかもしれません。

Unityまとめ

今回はゲーム開発プラットフォームのUnityについて解説してきました。まとめると、

・Unityはゲームを作ることの出来る言語
・Unityは将来が明るい!需要はこれからも伸びていく!
・Unityをなるべく早く学びたいならスクールに、自分のペースで学習していきたいなら独学で勉強しよう!

以上が結論になります。Unityはゲーム市場が伸びている現在において非常に需要が高まっています。どれだけ時代が進んでもエンタメの人気は衰えないので、おそらくゲームが今の形を保ち続ける限り、問題ありません。しかし、決してUnityだけに頼ることなく、他の言語もしっかり勉強しておくことで、もしUnity人気が停滞してきた時に他の言語を学んでおかないと、時代に対応することが出来なくなってしまうので、しっかりとUnity以外の言語を学ぶことも忘れないようにしましょう。

-未分類

Copyright© 稼ぐIT戦士マニアック! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.