稼ぐIT戦士マニアック!

IT業界で稼ぎたい、更にステップアップしたい。必要な情報を解説します!

未分類

【未経験、初心者向け】iPhoneアプリ開発言語!Swiftについて概要や勉強法を徹底解説!

投稿日:

2014年にAppleからiOSに対応したアプリを作ることができる言語として発表され、今や非常に話題を集めている言語でもあるSwiftですが、みなさんはSwiftに対してどんな印象を持っているでしょうか。おそらく単純に「iPhoneのアプリを作れる最近開発された言語」という印象しかない方が多く、具体的にSwiftを使って何ができるのかについての知識がある方は少ないのではないでしょうか。最近では日本でもグノシーやメルカリなどのメガベンチャーが積極的にSwiftのエンジニアを募集していたり、海外でもその動きが強く、GoogleやAppleなどのシリコンバレーの企業でも採用を強化していたりと、今何かと熱い言語なのです。そこで今回は、そんな今人気のある言語の1つであるSwiftについて徹底的に解説していきます!

Swiftとは?概要や特徴など

まずSwiftとは、具体的にどんな言語なのかについて説明していきます。
SwiftはAppleによって開発された新しいプログラミング言語のことで、iPhoneやMacなどのiOSのアプリを作ることはもちろん、Webアプリケーションを作ることもできます。

Swiftが発表される前までは、iOSのアプリは全てObjective-Cという言語で作られていましたが、Objective-Cは、独特な構文や文法を使っていたので、開発を続けていく上で難しい部分が多く、アプリ開発に挑戦しようとする人たちも敷居が非常に高いことが問題点でした。

SwiftはそんなObjective-Cの悪い部分を取り除いて、より学習者にとって学びやすく、わかりやすい言語であることを目指して作られたのです。では、Swiftという言語にはどんな特徴があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう!

Swiftの特徴について

Swiftが発表されたときに、Appleがこの言語の特徴として、以下の4つの特徴を掲げました。

・Fast(高速)
・Modern(現代的)
・Safe(安全)
・Interactive(相互的)

まず、Swiftは比較的書きやすい言語であることが特徴であるとされていて、構文や文法に無駄がないので、コードを書くスピードも速くなります。また、現代的である理由としては、コードが書きやすくて、読みやすく、将来性があることが理由と言われています。C言語などの古い言語は新しい言語に比べて冗長なコードが多かったりするので、とても書きにくい部分が多々ありますが、Swiftは現代的に作られているので、その点スマートに書くことができます。

安全性とは、コードを書いていく上で不具合やエラーなどが起こりにくいコードであることをさしています。例えば、プログラミング言語には、「String型」「数値型」「ブール型」など型が存在し、言語によってはこれらの型をいちいち指定しなくてもコードがかける仕組みになっているものもありますが、Swiftの場合、この型に対して非常に厳しく、少しでも間違えるとすぐにエラーを返してきます。これは、エラーを未然に防ぐためにわざと厳しく設計されているためであり、こういった点が安全性の高い言語であると言われる所以なのです。

最後の特徴として、「相互的」であることが特徴なのですが、これはSwiftがコンパイラ言語でありながら、Playgroundと呼ばれる、対話型実行環境(REPL)を用意していて、コードの実行結果をコンパイルすることなく、見ることができる点を相互的であると定義しています。

Swiftは何系のシステム、業務で使われるか

Swiftは2014年に登場し、Objective-Cの座を奪ってから様々な開発者によって使われ、様々なサービスを世に生み出してきました。SwiftはiOS全般のアプリケーションを作れるため、2014年以降に作られたiOSのほとんどのアプリはSwiftで作られたといっても過言ではありません。そのため、アプリ化しているサービスでこれといって絞ることは難しいですが、以下代表的なサービスを例挙しておきました。

Instagram

若者世代に圧倒的な支持を得ている写真・動画を中心としたSNSであるInstagram。創業者のケヴィン・シトロム、マイク・リーガーはもともとエンジニアではなかったですが、独学でInstagramの母体を作りあげてサービスをブラッシュアップしていったと言われています。Instagramも母体はPythonで作られたと言われていますが、WebでInstagramを使う人は少なく、スマートフォンでアプリとして使う人の方が多いですよね。世界中でこんなに使われているInstagramもSwiftで作られているんです。

メルカリ

サービスとしての認知度はもちろんのこと、会社自体の制度や社風もとても注目されているメルカリ。2013年に創業してから、日本のCtoC市場に風穴をあけ、今では多くの人が当たり前のように個人間でのモノの売買を行うようになりました。メルカリの場合も、Webサービスよりも、遥かにアプリに特化したサービスになっているので、サービスにおけるSwiftエンジニアの貢献度は多大であることは間違いなく、優秀なiOSエンジニアを多数抱えて、常により良いサービスを提供しています。

Swiftを身につけることで仕事の幅は広がる?

ここまでSwiftの言語としての概念や、特徴についてご紹介してきました。しかし、この記事を読んでいるエンジニアの方は「Swiftエンジニアの需要って実際のところどうなの?」と疑問に感じている人も多いはず。そこでここでは、Swiftを身につけることで仕事の幅がどのくらい広がるのかについて中心に説明していきます。
d

Swiftを学ぶことの技術的なメリット

Swiftという言語の技術的なメリットとしては、やはり「比較的学びやすい言語であること」、「iOSのアプリを作れること」の2点がメリットとしてあげられるかと思います。まず、Swiftは先に説明したような特徴があるので、初心者にも非常に学びやすい言語であることが言及されています。学びやすいということは習得するのもあまり時間がかからないので、この点も非常に大きな利点です。また、iPhoneのスマホのシェア率が異常なほどに高い日本において、iOSのアプリを作ることができるということはとんでもなく有利なことなので、iOSアプリを開発することができる点もまた、メリットであると言えるでしょう。

Swiftエンジニアの需要は?

気になるのは、Swiftエンジニアが今どれだけ市場から需要があるかについてですよね。
先ほども述べたように、Swiftは将来性のある言語であると言われています。なぜかと言いますと、Apple製品のシェアはまだまだ衰えることを知りませんし、世界的に大きな市場を占めているので、今後Swiftを使ってiOSの開発ができるエンジニアはどんどん増えていく傾向にあります。実際にまだまだJavaやPHPなどのメジャーな言語に比べて、エンジニアとしての需要は少ないですが、将来的には、Apple製品が存在し続ける限り、需要はどんどん伸びていく傾向にあるのではないかと言われています。実際に海外でもSwiftを学んでSwiftのエンジニアになる人がたくさんいますし、需要がなくなる心配をする必要はないことがわかります。

Swiftを身につけるための学習方法!

ここまで本記事を読んでみて、「Swiftを勉強し始めたい!」と思った方も多いのではないでしょうか。では、実際に学ぶ場合にどんな方法で学び始めたらいいのでしょうか。以下では、それぞれのケースに分けて学習方法についてご紹介しています。自分にあった学習方法を選んで、勉強をはじめてみてください。

スクール

スクールに通うことのメリットとしては、しっかりと実績のあるカリキュラムに基づいて教材が作ってあるので、挫折するケースが非常に少なく、わからないところをいつでも質問できる環境が整っているので、上達も早いところがメリットです。「お金をかけてもいいから早く学習したい!」という方は是非スクールに通ってみましょう。

・Tech Academy(テックアカデミー)
https://techacademy.jp/

テックアカデミーは業界でもトップクラスの実績を兼ね備えていて、オンライン学習を基礎としている、評価も非常に高いスクールです。iOSアプリ開発コースでは、しっかりと素養を身につけることができるので、ぜひ時間がないので、自宅作業を中心に学んでいきたいという人におすすめです。

・Code Camp(コードキャンプ)
https://codecamp.jp/

コードキャンプもオンライン学習が中心ですが、特徴としては講義形式のマンツーマンレッスンをすることが可能なところが一番の売りです。時間がない中でもスキマ時間で講義をこなすことができるので非常に満足度が高いです。

独学

「自分で勉強した方がお金もかからないし、身につきやすい!」と思っている方はぜひ独学で挑んでみるのもアリかもしれません。独学で学ぶ場合、インターネットで情報を調べながら、参考書で深いところを学習するのもありだと思いますし、とにかく自由です。以下に、学習にオススメな本とサイトをご紹介するので、参考にしてみてください。


・絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門 増補第6版【Swift 4 & iOS 11】完全対応

初心者の方に圧倒的におすすめなのが、この本です。Amazonでのレビューも非常に高く、分かりやすいと評判なので、これから勉強しようと思っている方は必ず読んで欲しい一冊です。

・詳解 Swift 第四版

こちらは、より詳しくSwiftについて学ぶことが出来る本になっていて、中級者〜向けの教材になっています。しっかり基礎が身について、ちゃんとアプリ開発の基礎が出来てきた人はより高みを目指すために、読んでみるといいでしょう。

サイト
・ドットインストール
https://dotinstall.com/

基礎の土台が出来てない人にピッタリなサイトです。若干バージョンが古いコードで書いてあったりしますが、基本的に基礎の部分をほとんど網羅することができるのでとってもおすすめです。

・U-demy
https://www.udemy.com/jp/

本で見て勉強することが嫌いという人にぜひおすすめしたいのが、このU-demyです。Swiftの学習用のサンプルの作り方動画などがたくさんあるので、ぜひとも本で勉強しきれないなという人はU-demyで教材を探して見るといいでしょう。

Swiftまとめ

ここまで、Swiftについて徹底解説してきました。内容をまとめると、

・Swiftは覚えやすくて使いやすい、将来性のある言語
・Swiftのエンジニアの需要はますます増していく
・Swiftを最短で身に付けたいならスクール、自力で独学したいなら本やサイトを有効に使うべし

以上のような結論になります。Swiftの言語としての将来は明るく、勉強する価値は十分にある言語であると思います。今後ますます伸びて行くSwiftのエンジニア市場を見据えて、今違う言語を使っていたとしても勉強しておくことで、キャリアに厚みが出るかもしれません。最短でSwiftを習得したいならスクールに、じっくり勉強していきたいのであれば、ぜひとも今日紹介したサイトや本を使って勉強し、Swiftエンジニアとしてのキャリアも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

-未分類

Copyright© 稼ぐIT戦士マニアック! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.