稼ぐIT戦士マニアック!

IT業界で稼ぎたい、更にステップアップしたい。必要な情報を解説します!

未分類

【未経験、初心者向け】Scalaの解説と習得方法について

投稿日:

今回はオブジェクト指向型と関数型プログラミングの性質をあわせもつ「Scala」について詳しく見ていきたいと思います。

Scalaとは?概要や特徴

まず初めにScalaについて、概要や特徴を簡単に説明します。

「Scala(スカラ)」とは、スイス連邦工科大学(EPFL)のマーティン・オーダスキー教授によって設計・開発された、標準のJavaプラットフォーム上で動作するプログラミング言語です。

登場したのが2003年ごろと比較的新しい言語ですが、Javaの良さを継承していることや、生産性の高さなど多くのメリットがあり、国内での採用事例も年々増加しています。

大きな特徴やメリットとしては
・オブジェクト指向と関数型プログラミングの両方が扱える
Scalaはオブジェクト指向と、関数型プログラミングの両方を扱うことが可能です。
双方の特性を活かして、規模の小さなプログラムから、大きなプログラムまで、同じ概念で記述できるスケーラブルなプログラミング言語です。
「Scala(スカラ)」という名前は、「スケーラブル(拡張可能)な言語」であることを意味しています。

・Javaとの互換性
Javaとの互換性が高いため、Javaのクラスライブラリなどのプログラムがそのまま利用できます。
そのため、利便性が高く、生産性を大幅に上げることが可能です。
また、簡潔で明瞭な記述でプログラミングを行うことが出来ます。

コード間の連携をとても簡単に行うことができるので、JavaからScalaへの移行も容易に行えます。

・オープンソースであること
Scalaはオープンソースのプログラミング言語であるため、ニーズに合わせて自由に改変することができます。
そしてオープンソースはユーザーがいる限り、メンテナンスや改変を継続することができます。
そのため、長い期間にわたって、安定した利用が見込めます。

Scalaの採用事例

海外で人気が出始めたScalaですが、日本国内の大手企業でも採用されるケースが増えてきています。

Scalaは誰もが知る、有名なWebサービスの開発にも使われています。
採用例の一部を紹介します。

・Twitter
Twitter社では、一部の核となる機能をRubyからScalaに移行しました。

・ChatWork(チャットワーク)
クラウド型のビジネスチャットツールを開発している、ChatWorkでもScalaを採用しています。
開発に至る経緯や、実際に開発した際の所感レポートがWeb上に公開されています。
http://c-note.chatwork.com/post/117441269280/scala1year

・ドワンゴ
大手ネット企業のドワンゴもAndroidのAPIサーバーやニコニコ生放送のシステムをScalaで開発しています。

その他にもSmart Newsや、株式会社はてな、サイバーエージェントなどなど採用する企業は年々増えています。

Scalaを身に付けるメリット

・将来性
Scalaは日本国内ではまだそれほど案件が多くないというのが現状です。
しかし、PHPなど他の言語からScalaへ移行する案件が増えてきています。

その安定性や拡張性のおかげで、今もなおトップクラスのシェアを誇るJavaですが、
ScalaはそのJavaの後継言語になりうると言われており、将来性には大いに期待されています。

・高単価
求人検索エンジン「スタンバイ」が発表した、2017年のプログラミング言語別平均年収によると、Scalaが第1位(626万円)に選ばれています。
(https://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2017/0810.html)

要因としてはまだまだ扱える人材が少ないためと言われていますが、その分Scalaを早く身に付けておくと、転職や、独立してフリーランスになるときに非常に有利だと言えるでしょう。

Scalaを最短で身につける学習、勉強方法

Scalaを最短で身につけるにはどうしたらいいのでしょうか?

<本、参考書籍>
Scala関連の書籍は初心者向けから上級者向けまで幅広く出版されています。
まずは書籍で基礎的な知識を習得しましょう。

・初心者向け
「基礎からわかる Scala - 鮫島光貴(著) -」
「速攻理解!JavaプログラマのためのScalaプログラミング - 石黒尚久(著) -」

これからScalaを覚えようという読者に最適です。

・中級者、上級者向け
「Scala逆引きレシピ - 竹添直樹(著)、島本多可子(著) -」
「Scala関数型デザイン&プログラミング -Scalazコントリビューターによる関数型徹底ガイド -Paul Chiusano(著)、Rúnar Bjarnason(著)、株式会社クイープ(翻訳)-」

「Scal関数型デザイン&プログラミング~」は関数型プログラミングをさらに深めたい方に、「Scala逆引きレシピ」は実際にコーディングする際に手元にあると非常に便利です。

<セミナー、勉強会>
ひとりで学習を続けていると、解決できない問題が出てきたり、モチベーションが下がったりすることがあります。
特に初心者の方はScalaの勉強会やイベント、セミナーに参加することをおすすめします。

<オンライン学習>
最近はオンライン上で講義を受けて学べるプログラミング学習サイトも充実してきました。
通勤、通学時にもスマホで見れるので、効率よく学ぶことができます。
Scalaが学べるオンライン学習サイトもいくつかあります。

・ドットインストール(Scala入門)
https://dotinstall.com/lessons/basic_scala
概要から簡単なプログラム作成までを行います。
内容は初心者向けです。
全36章のうち、5章目まで無料で公開されています。
5章目以降はプレミアム会員の登録が必要になります。

・TECH ACADEMY(Scalaコース)
https://techacademy.jp/scala-bootcamp
チャットなど、コミュニケーションツールを用いて、週2回マンツーマンでのブートキャンプ形式で講座を受講できます。
1人ではなかなか学習が続かない人におすすめです。
Scalaの特徴である、関数型プログラミングの基礎から学び、最終的には実際にWebアプリケーションを開発します。

<独学で習得することは可能か>
Javaをある程度習得している人は独学でScalaを学ぶのはそこまでハードルは高くないでしょう。

しかし、プログラミング未経験者はオブジェクト指向の概念や、関数型プログラミングの概念もある程度理解する必要があります。
Javaとの親和性の高い言語なので、出来れば先行(もしくは平行)してJavaも学ぶ必要があります。
プログラミング未経験者が独学でゼロから習得するには難易度は少し高いと思います。

最短で身に付けたい人は独学で学ぶより、プログラミングスクールで学ぶことをおすすめします。

Scalaまとめ

・ScalaはJavaVM上で動作する「オブジェクト指向言語」「関数型言語」のハイブリッド言語である
・需要は年々増加しているので、今身に付けておくと今後の転職には非常に有利である
・まだまだScalaエンジニアの人材が少ないので、比較的単価は高めである
・経験者は独学で習得可能、だが未経験者はプログラミングスクールへ行くのが最短の道

ということで、人気上昇中のScalaについてまとめてみました。
求人情報を見てみると、株式会社LINEや株式会社サイバーエージェントなど、大手企業が現在もScalaエンジニアを募集しています。
Scalaの需要はこれからどんどん増えていくと予想されます。

最近注目されつつある、関数型言語を学びたいという人や、既にJavaを習得しているプログラマーが第二言語として学ぶのに最適です。

まだまだ日本国内では経験者が少ないので、習得するとフリーランスでは高額の給与を得られる可能性があります。
今のうちに学んでおいて損はないでしょう。

(参考サイト)
・@IT
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1202/10/news122.html

・Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Scala

・ChatWork
http://c-note.chatwork.com/post/117441269280/scala1year

・BIZREACH
https://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2017/0810.html

知っているようで知らない!scalaとは?

-未分類

Copyright© 稼ぐIT戦士マニアック! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.