稼ぐIT戦士マニアック!

IT業界で稼ぎたい、更にステップアップしたい。必要な情報を解説します!

未分類

【未経験、初心者向け】Ruby on Railsの解説と習得方法について

投稿日:

Webサービスの開発に興味がある人や、実際にWebアプリケーションの開発に携わったことのある人は「Ruby on Rails」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

柔軟さや開発スピードの速さなど、様々なメリットがあるため、多くの企業に採用されています。

今回はRuby on Railsの概要や特徴、メリットなどを初心者の方でも分かりやすいように解説していきたいと思います。

Ruby on Rails (ルビー・オン・レイルズ) とは

「Ruby」と「Ruby on Rails」の違いを知らずに混同されている方も多いようです。

Rubyは日本人である、まつもとゆきひろ氏(通称 Matz)により開発されたオブジェクト指向型のプログラミング言語です。

Ruby on Railsはプログラミング言語ではありません。
前述したRubyで作成されている、Webアプリケーションフレームワークです。

Ruby on Railsで何が出来るのか?

「Webアプリケーション」や「スマホアプリ」、在庫管理や経理関係などの「業務システム」を開発することができます。

  • COOKPAD(クックパッド)
  • Gunosy(グノシー)
  • Airbnb
  • クラウドワークス
  • 食べログ
  • 価格.com
  • hulu

どれもとても有名なサービスなので、利用したことがある人も多いと思います。

実はこれらのWebサービスはRuby on Railsで作られています。
これだけ有名な事例があるということが、Ruby on Railsの実力を証明する、何よりの証拠と言えるでしょう。

Ruby on Railsの特徴・メリット

Ruby on Railsでの開発は他のプログラミング言語と比べて、どのような特徴があるのでしょうか。

開発スピードの速さ

フレームワークを使用するので、Webサービスに必須のほとんどの機能は、初めから用意されています。
だから自分の手で一からコーディングする必要がないので、開発にかかる時間を大幅に短縮することができます。

少しでも早くサービスを立ち上げたいと願う、多くのスタートアップ企業がRuby on Railsを選ぶのも、その開発スピードの速さが魅力だからです。

「開発効率の高さ」「生産性の高さ」それが一番のメリットと言えるでしょう。

初心者に向いている

学習にかかるコストが他のフレームワークと比べて低いため、プログラミング初心者の人が、初めてWebアプリケーション開発を行うのに向いています。

Rubyは国産のプログラミング言語であるため、日本語のドキュメントやチュートリアルが非常に充実しています。
何かのトラブルで困った時に、調べればすぐ分かる、というのは初心者にとって、非常に心強いです。

他のプログラミング言語や、フレームワークに比べて、学習しやすい環境が整っています。

Ruby on Railsの勉強方法

Ruby on Railsを全く知らない人は、どのように学習すれば、効率よく知識や技術を習得できるのでしょうか。
おおまかな学習の流れやポイントをご紹介したいと思います。

まずは書籍で基礎を抑える

プログラミング未経験の方や経験が浅い方は、まず書籍を購入しましょう。
全体の基礎知識や雰囲気などを本で抑えておくと、後々Webやオンライン動画で学ぶ際に、頭に入りやすくなり、結果的に早く身に付きます。
「急がば回れ」です。

学ぶ際のポイントは、分からないところは飛ばして、2周、3周と何度もくり返して読むことです。

オンライン学習サイトを利用する

Ruby on Railsは、Web上で学べる学習サイトもかなり充実しています。

・ドットインストール
初心者の方におすすめなのがドットインストールです。
入門者向けなので、初めて学ぶ方に最適です。
https://dotinstall.com/

・Udemy
有料になりますが、もっとしっかりと学びたいという方には、学習コンテンツの質が高くて評判のUdemyをおすすめします。

有料とは言え、内容を考えると破格の安さだと思います。
たまにセールで安くなっているので、常にチェックしておきましょう。
https://www.udemy.com/jp/

・チュートリアル
はじめは少し難しいと感じるかもしれませんが、やはりチュートリアルはおさえておきたいところです。
無料でここまで公開されているのは本当に凄いです。
https://railstutorial.jp/

Ruby on Railsを学ぶ際に「RubyやHTMLの学習も必要?」という質問をよく聞きます。
プログラミング未経験の方にとって、一気に学ぶのはしんどいと思います。
しかし、今後Webアプリケーション開発に携わっていくのなら、Ruby、HTML、CSS、コマンドライン、サーバーの基礎知識は必須です。
並行して、徐々に身につけていきましょう。

Ruby on Rails の将来性

IT業界は変化の早い世界です。
せっかく今から学習するのに、習得した頃には需要が減ってしまっていないか?
努力が無駄にならないか?

そういった将来性に対しての不安はあると思います。

しかし、現在の業界の動向を見る限り、「Ruby on Railsを学んでおいて損はない」とはっきりと言えます。

今までPHPで作られていたシステムをRubyで作り直す、といった案件も増えてきています。
今後も需要は増加していく可能性が高いでしょう。

安心して、Ruby on Railsの学習を楽しみましょう!

-未分類

Copyright© 稼ぐIT戦士マニアック! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.