稼ぐIT戦士マニアック!

IT業界で稼ぎたい、更にステップアップしたい。必要な情報を解説します!

未分類

【未経験、初心者向け】Pythonの解説と習得方法について

投稿日:

近年、非常に注目されている言語のひとつでもある「Python」。組み込み開発や、Webアプリケーション、デスクトップアプリケーションや、今話題の機械学習や人工知能の分野で使われることが多く、これからどんどん需要が伸びていく言語であるとも言われています。

しかし、「Pythonを勉強したい!」と思って、Pythonについてネットで調べて見ても、ウィキペディアや経験者向けの記事では、難しい言葉や単語が並んでいるため「何を言っているのかよくわからない」という方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、Pythonをまだ使ったことがない人や、現在エンジニアとして他の言語を使っているが、今後Pythonを使って仕事をしていきたいという人に向けて、Pythonとは何かと言った初歩的な知識から、Pythonエンジニアの仕事内容や年収といったところまで、わかりやすく説明していきます!

Pythonとは?特徴やメリットも含めてご紹介!

まず、Pythonという言語を学んだことが無い人に向けて、「Pythonとは何か?」についてご紹介していきます。

Pythonとは

Pythonは、1991年にオランダ人のグイド・ヴァン・グロッサム氏によって開発された汎用のプログラミング言語で、文法自体を単純化して、コードを読みやすく、少ないコード量で簡単にコードを書くことができることを目的に作られました。Pythonは汎用系なだけあってこれさえあれば何でも作れてしまうのでは無いかと思うくらい幅広く使用できる言語です。

Pythonを学ぶメリット

①学習者に優しい言語でもある

先ほども言いましたが、Pythonはその読みやすさを重視した言語なので、学習する際に非常に便利な言語です。文法も極力最小限に抑えてあるので、覚えなければならない文法も少なくて済みますし、他人の書いたコードを参考にする際も読みやすいので、習得するのが非常に速いです。最近では、その学習のしやすさから、アメリカの一流大学でもPythonが教えられていたりするので、学習し始める障壁は非常に低いことがメリットです。

②専門分野での実績が豊富

Pythonを学ぼうとしている人の中には、近年注目を集めている「機械学習」や「深層学習」に興味を持ち、そこからPythonという言語を知ったという方が多い傾向があります。実際に多くのこういったサービスでPythonが使われているのですが、なぜ「機械学習」や「深層学習」の分野Pythonが注目されているのでしょうか。

Pythonが注目されている理由としては、
・コードがシンプルで読みやすいこと
・計算・統計処理で使えるライブラリが豊富
などの理由が挙げられます。

この分野では、Pythonは非常に重宝されていて、人工知能を学習したい人、もしくは人工知能関連の職業につきたい人にとってはPythonを学習することは必須条件であるかのように言われています。こういった分野に興味がある人にはぜひおすすめしたい言語です。

③将来性がある

Pythonという言語自体に将来性があることも、Pythonを学ぶメリットとして挙げられます。2016年2月のエンジニアの言語別求人率を見てみると、

以上のようになっていて、JavaScriptに次いで2位にPythonが来ています。このことからもPythonの需要は非常にたくさんありますし、当然先ほど紹介したような人工知能を用いた最先端の知識を必要とする仕事が多くあります。それ以外にもWebアプリケーションを作ることが出来たり、マーケティングなどで使われるデータ解析などの仕事にも生きてくるので、Pythonの言語としての将来は非常に明るいと言うことができるでしょう。

④Webフレームワークやライブラリがたくさんある

Pythonは人気の言語であるため、Webフレームワーク(アプリを作るために必要な言語の組み合わせ)、ライブラリ(役立つプログラムをまとめたもの)などは豊富に開発されています。これらがあることで、アプリケーションを作るときに非常に簡単に、かつ高速で作業することができるので非常に便利です。Pythonで学んだことを生かして開発する際にも、作りやすい環境が構築されていることも人気の秘訣かもしれません。

Pythonで作れるものってどんなもの?

先ほども何回も触れていますが、Pythonで作れるものは非常にたくさんあります。

  • Webアプリケーション
  • デスクトップアプリケーション
  • 組み込みアプリケーション
  • ゲーム
  • 人工知能

など、汎用系の言語の中でも作れるものが非常に多い言語であることも特徴です。
Webアプリやデスクトップアプリケーションを作る場合もライブラリがたくさんあるので、とても作りやすいですし、ゲームを作る場合にも、Pygameと呼ばれるライブラリがあったりと、開発環境にはそれほど困りません。

また、サービスを作る以外にもファイルやフォルダの操作、csvなどのテキストファイルやpdfファイルなどの操作、ブラウザの操作やスクレイピングなどの実務に直結した、業務を効率化するためのツールを開発することができることも魅力のひとつです。

Pythonを使って作られたサービス

Youtube

もはや説明不要の、世界で最も使用されている動画アップロードサイトですよね。こんな超巨大なプラットフォームもPythonで作られているという事実が、Pythonがいかに有用であるかを示しているとも言えますよね。

Instagram

今や若者から絶大な支持を受けている、写真に特化したSNSであるInstagramもPythonで作られています。創業者のケビン・シストロムとマイク・リーガーはもともとエンジニアリングを専業としていたわけではなく、ほぼ独学でInstagramの原型を作り上げたと言われていて、多くの学習者に夢を与えています。

Dropbox

Dropboxは今や世界最大級のオンラインストレージサービスでもあり、全世界での利用者数は5億人を超えています。Dropboxの開発は、UI(ユーザーインターフェイス)も含め全てPythonで書かれていることから、Pythonが色々なプラットフォームに対応してのアプリケーションの開発が可能であることがわかります。

Pythonエンジニアの仕事内容は?

ここまでで、Pythonについてや、Pythonがいかに有用な言語であるか、理解していただけたかと思いますが、では実際にPythonエンジニアはどんなことをしているのかに次いて言及していきます。

仕事内容

Pythonエンジニアの仕事内容は、正直ひとくちにこれ!とまとめることは出来ません。なぜならこれまで何度もご紹介してきたように、Pythonは様々なものを作ることができるからです。今回は例としてPythonエンジニアの仕事を3タイプほど、ご紹介していきます。

機械学習や深層学習などの最先端の業務

前述したように、今最も注目されているのがこの分野です。機械学習や深層学習に関する分野でのPythonの需要は非常に多く、最近では、Googleの「TensorFlow」、「Caffe」、「Sclit-learn」や「Theano」と言った機械学習やディープラーニング用のライブラリも非常に充実しているので、今後さらにこういった最先端の技術に関わる仕事の需要が増えてくると思います。

Webアプリケーションの構築

日本でのWebアプリケーション開発でよく使われているのが、JavaやPHPといった言語ですが、最近ではPythonでの開発も増えてきています。Pythonには、DjangoやBottleといったフレームワークが充実していて簡単にWebアプリケーションを作ることができるため、Pythonを使っての開発も注目されてきているので、Pythonを使ってWebアプリケーションを作る業務の需要もあるかと思います。

数値計算や解析

こちらは主にマーケティングで数値解析の業務を行う際にPythonが使われる例です。通常、数値解析は速い実行速度が求められることが多く、これまではC、C++などが使われてきましたが、これらの言語だと、コンパイル(パソコンが理解できる形に直してあげること)をする必要があります。Pythonはこの点、コンパイルする必要性がなく、高速に動作してくれるため、速度が求められる数値解析の業務にはピッタリな言語なのです。

Pythonを習得するには?

次にPythonを習得するにはどんな方法で勉強すれば、最短かつ、現場で活用できる形で習得できるかなどをご紹介していきます、基本的には、「独学」か「スクールに通う」かの二択になります。

独学

まず最初に独学で勉強する方法です。これは全ての言語に共通して言えることですが、独学で言語を習得することも十分可能だと思います。最近では、「Udemy」などの動画学習サービスで映像を見ながら学ぶことも出来ますし、入門書や本などを見ながら学ぶことも出来るので様々な方法で言語を学ぶことができるかと思います。

ただ、仕事にすることをゴールと設定しているとすると、何らかの結果として自分がどのくらいの習熟度であるかを相手に見せる必要があるのですが、独学の場合、この成果が可視化しづらいので、この点はデメリットであるかもしれません。

スクールに行く場合と比べて、お金がかからないので、「時間をかけてもいいから安価にPythonを勉強したい」という方は独学がおすすめです。

スクールに通って勉強する

本気で未経験からPythonを使った仕事をしたいと思っているのであれば、スクールに通って勉強するのが一番かと思います。確かに独学でやるよりもお金がかかるのですが、その分、そのスクールでしっかりと学んだという実績が手に入れられるので、信頼度に差が出てきます。

また、最近では、本気でエンジニアになりたい方に向けて、学習から就職までを一貫してサポートしてくれるサービスを用意しているスクールもいくつもあるので、ぜひ一度調べてみるといいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、Pythonをまだ使ったことがない人や、これからPythonを勉強してPythonのエンジニアになりたい方に向けてPythonについて詳細にご紹介してきました。Pythonはこれからどんどん需要が増える言語であると予想されているので、未来は明るいです。本記事を読んでPythonについて興味を持った方はぜひ一度勉強してみてみてください。

-未分類

Copyright© 稼ぐIT戦士マニアック! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.