稼ぐIT戦士マニアック!

IT業界で稼ぎたい、更にステップアップしたい。必要な情報を解説します!

未分類

【未経験、初心者向け】AWSの解説と習得方法について

投稿日:

AWSとは?

AWSの概要

ITエンジニアなら誰でも聞いたことがある「AWS」。正式には「Amazon Web Service」といい、米Amazon社が提供するクラウドサービス基盤のことです。
「クラウドサービス」について簡単に確認しておきましょう。サーバーやネットワーク機器、ソフトウェアなどのIT製品を自分で購入して保持しなくても、クラウドサービス事業者が用意している機器やシステムをインターネットを介してWebアプリケーションのように使えるというサービスです。クラウドサービスを利用すると、サーバールームの場所と運用コストの節約ができ、調達の容易さ、管理の便利さ、性能の高さなどで初期費も運用費も大幅なコストダウンが可能となるため、近年急速に広がっているサービスです。
AWSには コンピューティング、ストレージ、データベース、分析ツール、ネットワーキング、モバイル、開発者用ツール、管理ツール、IoT、セキュリティなどの数多くのクラウドサービスがそろっており、必要なサービスを選んで使うことができます。

AWSの技術と導入事例

AWSのサービスは、様々な企業が様々な形で利用しています。数あるサービスの中でも利用が多いのはコンピューティングサービスAmazon EC2(Amazon Elastic Compute Cloud)、ストレージサービスAmazon S3(Simple Storage Service)、データベースサービスRDS(Relational Database Service)です。
これらは企業内のシステム構築でよく使われています。システムの種類も選ばないため、Webシステム、モバイルシステム、ゲームインフラ、データハウスなどでも広く利用されています。

企業で採用されている実例;
・任天堂株式会社:ゲームサーバーインフラとしてAWSを採用
・住友化学株式会社:基幹系システムをAWSで構築
・SHARP株式会社:製品開発にAWS各種サービスを採用

AWS技術のメリットと関連職種

AWS技術のメリットは取り組みやすさ

AWS技術を学ぶとき、従来のオンプレミスシステムでの開発経験を活かしやすいので、現在エンジニアをしている人ならば比較的取り組みやすいと言えるでしょう。物理的な機器がクラウドサービスになったからといって、まったく別の知識がいるわけではありません。開発経験のある人は、従来の開発手法に加えてAWSの特徴を活かせる効果的な使い方を学ぶだけで、AWSでの開発技術を身につけることができます。
AWSは幅広いサービスがあるので、システム開発だけでなく、例えばセキュリティ技術者であればセキュリティ技術と、自分の得意分野でのAWS技術を学べます。逆に言えば、その幅広さから、AWSの中でどの技術を自分は身につけたいのかを明確にしておく必要があります。

AWS技術を使う仕事は幅広い

AWSを使ったシステム設計を習得すると、AWSで安全かつハイパフォーマンスな設計が効率的に行えるため、システムベンダーでの活躍の場が広がります。
開発だけではなく、AWSを使ったシステムの運用も需要のある技術です。AWSを使ったシステムは多く、保守要員としてスキルアップにつながります。
大規模システム開発のSIやベンダーのみならず、小規模システムでもAWSは使い勝手がよいため中小規模のベンダーにおいても技術者のニーズがあります。
基盤の技術なので、保守・運用サービス、モバイルシステムベンダー、アプリ開発会社など、IT系のどの業種でもAWSを使う仕事は存在します。

クラウドサービス業界では「AWS一強」との声も

昨今、国内企業でのクラウドサービスの普及率は右肩上がりです。クラウドサービス事業者はAmazon、Microsoft、Google、IBMが主要4社と言われていますが、なかでもAWSはシェア第一位です。
近年、複数のクラウドサービスを組み合わせて使うマルチクラウドモデルの採用が進み、企業は従来よりも柔軟にクラウドサービスを取り入れられるようになっています。マルチクラウド環境への対応が進むAWSは、今後も安定したニーズが見込めます。

AWS技術を最短で身につける学習方法

AWS技術はどう学習すればいいか

AWSには様々なサービスが存在しますが、全てに精通する必要はありません。今の得意分野やこれから身につけたい分野に対応する技術を学ぶことから始めましょう。
なりたい職種と目指すスキルレベルを明確にして、対象の技術分野で目標設定して取り組むと効果的です。ただしその分野に対する知識が完全にゼロからの場合は、独学でのマスターは難しいです。知識の勉強とともにOJTやスクールを併用するのがおすすめです。
何にせよ、まずは基礎を学び、その後実際にAWSを使ってみることが一番の近道となるでしょう。
個人でも使えるサービスなので、自宅でも実際にAWSを利用してみることもできます。AWSのスクールは各地で多く開催されており、技術者同士の交流もできるので、参加して得られるメリットは多いです。

参考書籍

AWS技術に関する書籍やWebサイトのドキュメントは豊富に出ているので、まずは基礎知識をしっかり学べるものを選びましょう。

・「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版」
玉川憲、片山暁雄、今井雄太、大澤文孝著(日経BP社)
AWSを使用してのサーバー構築・ネットワーク構築・DBサーバーとWebサーバー構築手法が基礎から学べます。実践的な内容で勉強しやすいです。

・「合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト」
大塚康徳著 (日立インフォメーションアカデミー)
こちらはAWS技術認定資格の教本です。AWSの機能説明、技術の背景、認定資格の問題と解答まで網羅してあり、使い勝手のよい書籍といえます。

Web上でのテキストとトレーニング

Web上のドキュメントも豊富なので、自分に合ったサイトを探しましょう。いくつか見てみることで多視覚的に学べます。ただ最初は、公式の情報を読んでみることが確実です。

・「AWSドキュメント」
https://docs.aws.amazon.com/index.html#lang/ja_jp
Amazon社の公開する公式のドキュメントで、開発ガイド、チュートリアルが無料で閲覧できます。チュートリアルには、実際の開発に役立つ事例が掲載されています。

・「AWS クラウドサービス活用資料集」
https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/
こちらもAmazon社のまとめた公式の事例集です。各種サービスの基礎知識のおさらいから最新の技術情報や実績、セミナー資料などが掲載されています。どのように使われているかがわかり、AWSの技術のメリットや効果的な使い方の勉強になります。

・「AWSトレーニング」
https://aws.amazon.com/jp/training/course-descriptions/
無料のWeb上トレーニングが受けられます。また、有料のセミナーも開催されており、こちらに申し込むとより実践的な内容が習得できます。

AWSを学べるスクール

実践的な内容を学べるスクールを紹介します。

・CTC教育サービス
AWS認定トレーニングパートナーとして登録しているCTCテクノロジー社の開催するスクールです。入門から開発技術、運用技術のコースがあります。
https://www.school.ctc-g.co.jp/amazon/

・NECマネジメントパートナー
AWS認定のトレーニングが受けられるスクールです。設計・開発・運用・DevOpsと職種別のクラスがあり、現場での即戦力となるまでの専門的な訓練が受けられます。
https://www.neclearning.jp/training/aws.html

AWS認定資格を目指せ

習熟度を確認するために認定資格「AWS認定」をとるとよいでしょう。プログラミングであれば実績や実力を示しやすいですが、基盤技術なので、どれだけ習熟しているかを認定なしで証明するのは難しいです。
AWS認定では、大きく3つのレベルと4つの職種が設定されている役割別認定、3つの専門知識認定があります。自分の目指す分野、スキルレベルを選べます。

「AWS認定」
https://aws.amazon.com/jp/certification/

今回のまとめ

AWSのまとめ

・AWSは、クラウドサービスの業界シェア第一位
・AWS技術を身につければシステムオペレータ、アーキテクトの道が拓け、ニーズも多い
・基礎を身につけて実践訓練し、認定取得を目指そう

AWSは国内外で広く普及していて、今後も技術者の需要増加が見込める技術です。身につければ仕事の幅が広がり、IT業界での転職を考えている場合も業種に関わらずアピールしやすい技術です。
AWS技術の勉強は、まず自分の目指す分野とスキル設定をしっかり行ってから取り組みましょう。基礎知識を勉強し、その後はスクールなどで実際にAWSを動かしながら実践的に学ぶことが上達の近道です。
スキルアップしてAWS認定取得できれば、エンジニアキャリア上の大きな強みになります。

-未分類

Copyright© 稼ぐIT戦士マニアック! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.