稼ぐIT戦士マニアック!

IT業界で稼ぎたい、更にステップアップしたい。必要な情報を解説します!

20代向け転職サービスの選び方


20代~30代前半で職歴が少ない、スキルが少ないとホントに自分は転職していいのか、転職するだけの価値があるのか(大した職歴、資格もないしダメなのでは)という気持ちありますよね。

自分もそうでした、つらいですよね。

でも大丈夫。実はやる方法あります。

社会人歴少ない人の転職は難しい、ってそれホント?

世間の目、「そんなんじゃ転職無理だよ」という理由のない風潮があります。

  • 1つの会社で3年も働かずに転職する人物なんて普通の会社は採用しない
  • 社会人数年も立ってないんじゃ大したスキルもなく転職は難しい
  • 1年未満の人でさえこれなんだから職歴ない人はもっと無理だ

転職しようとするとこんなこと言われたりします。自分も転職考えた際は「自分は他の会社にとって勝ちがある人間なのか?転職していいのか?」みたいに思いました。

ただ結果から言うと社会人歴少ない、無くても転職はできます。ぶっちゃけ会社からしてみれば20代の人にスキルはほとんど求めて無く「やる気、意欲」などの成長性のポテンシャルがあれば採用してもらえます。

でもやはりスキルや職歴がある人のほうが有利なのは事実。そのため転職するなら「20代向けの転職サービス」を使いましょう。

20代向けの転職サイトはスキルよりやる気、ポテンシャルを重視

転職サイトといえばリクナビNEXTやdoda、マイナビが有名ですがこれらは全年齢対象なので20代~60代くらいまで幅広くの人が使ってます。

それよりも20代向けの転職サービスを使ったほうがメリットがあります。

  • 利用者のほとんどが20代メイン
  • 採用側は職歴、スキルがない、けど20代という前提で見てくれる
  • 転職サービスのエージェントが若手の転職ノウハウを持っている
  • 書類選考無しの企業が多い
  • 応募前に企業の担当者と話ができることが多い

なので20代・職歴が少ない人でも正社員に転職できてる人が多いです。

20代向けの転職サービス

転職Shop

転職Shopはリクナビでおなじみのリクルートが運営する20代に特化した転職サービスで案件数が豊富なのが特徴です。1番のメリットは、新卒、第二新卒など20代の正社員転職に特化することで、利用者の9割が20代なので職歴がない、薄い人でも転職成功率が高いです。

書類選考で落とされることがないのもポイント。

複数の転職サービスを使う際、必ず登録しておきたいサイトの1つです。

オススメ度!   
  1. 利用者は20代メイン。特に新卒、第二新卒の正社員転職に強い
  2. 職歴がない、薄い人でも転職しやすい
  3. 20代でも正社員として転職できてる人が多い

ジェイック

ジェイックは、フリーター、未経験、中退、第二新卒に強い若手向けの転職サービスです。具体的に対象者向けの無料就活講座を受けることで一度も就職経験のないフリーターでも内定を多くもらえてる実績があります。

また紹介する仕事は正社員だけで外食、投資用不動産など離職率の高い業界を外しているのもポイント。

20代かつ就職経験がないなら、必ず登録しておきたいサイトの1つです。

オススメ度!   
  1. 利用者は20代メイン。特にフリーター、未経験、中退、第二新卒に強いの正社員転職に強い
  2. フリーター、未経験、中退、第二新卒向けの転職講座があるため転職成功率が高い
  3. 紹介案件は正社員だけ

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoは、その名の通り第二新卒に特化した転職サービスです。実際は第二新卒だけでなく20代の既卒、フリーター向けの転職支援をしてくれます。実際に訪問しチェックをした企業のみを扱っているので職場の雰囲気や働く環境を詳しく聞くことができます

社会保険が無い、離職率が高い、若手を育てる環境がない会社は外しているのもポイント。

複数の転職サービスを使う際、必ず登録しておきたいサイトの1つです。

オススメ度!   
  1. 利用者は20代メイン。特に第二新卒、既卒、フリーターの転職に強い
  2. 職場の雰囲気や働く環境を詳しく聞くことができる
  3. 220代の社会人経験がない、少ない人向けのノウハウが豊富

効率よく転職する方法

実は転職する際に知っておいたほうがいいことがあります。

  • 転職サービスはサイトよりエージェント型を使う
  • 複数サイト登録する

転職サービスはサイトよりエージェント型を使う

まずリクナビなどでおなじみの転職サイトですがサイト型とエージェント型があります。例えばリクナビならリクナビNEXTはサイト型。リクナビエージェントはエージェント型です。

  • サイト型→企業の求人を掲載→自分で好きなの応募して企業とやりとりする
  • エージェント型→転職サービス運営側のエージェントとあって案件を紹介してもらう

でこの2つなら絶対エージェント型を選んだほうがいいです。なぜか。

エージェントは企業の細かい情報や実態、雰囲気など求人情報では表現できない部分を知っている。自分の状況を知った上で最適な提案をしてくれる。自分の求める条件を企業に交渉してくれる。

からです。例えば自分が「月残業10時間以下の企業」に転職したいとしても、求人情報掲載の残業時間はざっくりなのであんまりあてにならないです。実態は企業とやりとりしてるエージェントにしかわからないんですよね。

また転職を何回か経験してる人はいいのですが、転職初めてだったり、職歴が浅いと転職先の求めるスキルと自分の持っている(もしくはやりたいこと)がマッチしてるか判断がつきにくいです。例えば仕事内容が「マーケティング」だとしても具体的にどの業界に対して何をしているのか(リサーチなのかデータ作成なのかなど)パッと見ではわかりにくい。

システム開発で「要java」と書いてあっても求めてるのは自分で開発できるレベルなのか、java知っていれば企業側で育成する気があるのかとか。

なのでエージェント型を選ぶ必要があります。

複数サイト登録する

転職活動する際は必ず複数の転職サイトに登録したほうがいいです。

  • 基本転職サイトは1つ案件の選考が進むと他を紹介してくれない
  • よい転職サイトでも結局は担当者次第。担当者が自分に合ってるかは運

転職サイトは現在進行中の選考がある場合、他の案件を紹介してくれなくなります。採用が決まるとあとから紹介したのが無駄になるからですね。

ただ転職活動では1社選考では落ちることもあり、複数社並行して活動すべきです。そのためには複数の転職サイトを使う必要があります。

また転職サイトの担当者のレベルは結構差があったり、自分との相性が強く出ます。なのでそのリスク対策としても複数サイト使ったほうが効率よく転職活動ができます。

転職活動は登録さえしておけばいつでもできますが、動きたい、と思った時にすぐ行動できるよう、先に転職サイトに登録だけ済ませておくことをおすすめします。どんな案件があるか事前にチェックできますしね。

20代向けの転職サービス

転職Shop

転職Shopはリクナビでおなじみのリクルートが運営する20代に特化した転職サービスで案件数が豊富なのが特徴です。1番のメリットは、新卒、第二新卒など20代の正社員転職に特化することで、利用者の9割が20代なので職歴がない、薄い人でも転職成功率が高いです。

書類選考で落とされることがないのもポイント。

複数の転職サービスを使う際、必ず登録しておきたいサイトの1つです。

オススメ度!   
  1. 利用者は20代メイン。特に新卒、第二新卒の正社員転職に強い
  2. 職歴がない、薄い人でも転職しやすい
  3. 20代でも正社員として転職できてる人が多い

ジェイック

ジェイックは、フリーター、未経験、中退、第二新卒に強い若手向けの転職サービスです。具体的に対象者向けの無料就活講座を受けることで一度も就職経験のないフリーターでも内定を多くもらえてる実績があります。

また紹介する仕事は正社員だけで外食、投資用不動産など離職率の高い業界を外しているのもポイント。

20代かつ就職経験がないなら、必ず登録しておきたいサイトの1つです。

オススメ度!   
  1. 利用者は20代メイン。特にフリーター、未経験、中退、第二新卒に強いの正社員転職に強い
  2. フリーター、未経験、中退、第二新卒向けの転職講座があるため転職成功率が高い
  3. 紹介案件は正社員だけ

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoは、その名の通り第二新卒に特化した転職サービスです。実際は第二新卒だけでなく20代の既卒、フリーター向けの転職支援をしてくれます。実際に訪問しチェックをした企業のみを扱っているので職場の雰囲気や働く環境を詳しく聞くことができます

社会保険が無い、離職率が高い、若手を育てる環境がない会社は外しているのもポイント。

複数の転職サービスを使う際、必ず登録しておきたいサイトの1つです。

オススメ度!   
  1. 利用者は20代メイン。特に第二新卒、既卒、フリーターの転職に強い
  2. 職場の雰囲気や働く環境を詳しく聞くことができる
  3. 220代の社会人経験がない、少ない人向けのノウハウが豊富

投稿日:

Copyright© 稼ぐIT戦士マニアック! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.